盂蘭盆施食会法要を厳修いたしました

盂蘭盆施食会法要の様子

8月19日(日)に青岸寺本堂に於いて盂蘭盆施食会法要をさせていただきました。おかげ様で、天気にも恵まれ、気温も比較的穏やかに法要をすることができました。

各寺院の住職様が随喜して下さり、厳かに法要できましたこと、御礼申し上げます。

そして青岸寺の檀信徒、墓檀家の皆さまにおかれましても、参列して下さり有難うございました。当寺は檀信徒が非常に少ない寺院ではありますが、参列してくださる割合が非常に高く、協力も皆様していただけるので、本当に感謝しております。

しかし、今年はなんともトラブル続きの法要になりました(笑)曲彔(きょくろく・導師が座る椅子)が壊れたり、私の息子が法要中、私にしがみつきにくるなど、中々、珍しい法要となりましたが、随喜の御寺院様も、参列の皆様も笑顔でお許し下さいました。

盂蘭盆施食会法要では、参列した下さった皆さま方ご先祖様の為にご法要いたしますが、それだけではなく、山門施食法要では、自身に直接は関係のない有縁無縁の皆様の為に法要をいたします。

この世界は「私」一人ではなく、私に直接関係のない方々のおかげで、「私」が生かされています。ですので感謝を込めて法要いたします。他にも災害や事故など不幸に遭われた方の為、直接は自身の生活に追われて動く事は、できないかもしれませんが、悲しみを共有する事により、その心の連鎖が繋がり、皆が同じ辛さを感じた時、多くの支援や行動が実行されるものと信じております。

盂蘭盆施食会法要はご先祖さまへの感謝と私以外の誰かと繋がっていく、とても素晴らしい法要です。宗教、宗旨関係なく参列していただき、一つの日本の文化として、これからも守っていきたい法要でございます。

※地域によっては施食ではなく「施餓鬼」としております。

施食棚

住職 永島 匡宏 合掌

 

 

 

もうすぐお盆ですね。

久しぶりの投稿になりました。8月になり一部地域ではお盆参りがはじまり、お坊さんを見かける事が多いのではないのでしょうか。拙僧も静岡県や大阪府にお盆のお手伝いの為、この時期は寺院に居ることが少なく、慌ただしい毎日を過ごしております。

青岸寺盂蘭盆会法要の施食棚

さて、8月13日~8月16日はお盆の期間になります。一般的には旧盆である8月が普及していますが、一部地域では7月にお盆をいたします(新盆といいます)。日本ではご先祖様の墓参の為にお盆休みをとる会社や企業なども多いようです。多くの方が家族を連れて、里帰りやその家のお墓にお参りします。

日本人は宗教ばなれして久しいといわれていますが、海外の方からみたら、日本人ほど無意識のうちに宗教を文化としてとりいれている民族は実に不思議で珍しいようです。

思えば、日本人は正月に神社参りや寺参り、節句のお祝い事、クリスマス、最近ではハロインなど、実に多彩な宗教を日本人独自の文化に昇華させ、楽しんでいます。結婚式も基本宗教に関係なく式を挙げられます。本当に日本人は世界的にみても文化に対して寛容的でおおらかな民族である事がわかります。この日本人の宗教観は世界でも密かに注目を浴びています。

余談ですが、今年私の3歳の子供と映画館に行きました。その時、「クレヨンしんちゃん」を鑑賞しようと思っていたら、子供が急に「いやいや」といいだしたので、急遽ピクサーの「リメンバーミー」というアニメ映画を見ることになりました。

内容を知らずに見ていると、舞台はメキシコでしたが、日本のお盆の風習と考え方に非常に似ている「死者に日」という文化があるそうです。この映画は日本人には自然と受け入れられる映画だと感じました。遠い国での文化が日本の文化と酷似している事が非常に不思議な感覚になりましたが、とても良い映画でした。興味ある方は是非DVDをご覧ください。

話を戻して、地域によって異なりますが、一般的には、8月13日の迎夕方に迎え火を焚き、ご先祖様が迷わないように墓地と家に火を灯します。そして16日(または15日)夕方には、送り火を焚き、ご先祖様を見送りをいたします。

日本人の核家族化が進み、近年は実家などに足を運ぶことも少なくなってきている昨今。親戚や家族が一同に会する機会は本当に貴重なことではないでしょうか。

県指定文化財、本尊「聖観世音菩薩坐像」

現在の「私」という存在は、ある日急にこの世に出てきたわけではありません。必ず「私」には両親がいて、その両親にも親が存在し、命の継承を繋いできているのです。日本人の遠い先祖は皆同じであり、多種多様な民族がいますが、すべてご先祖様が一緒になるのです。現在の「私」という存在はとてつもない命の繋がりの上で存在しているかけがえのない「命」になります。これを仏教や日本人は「有難い」といいます。今の「私」が存在しているのが、どれほどの奇跡の上で存在しているのか、考えると感謝の気持ちに溢れてまいります。

一年に一回のお盆のシーズン。今の「私」という存在を作り上げてくれた、ご先祖様に「有難うございます」の気持ちを伝えたいものです。それが日本ではお盆であります。皆様も是非、ご家族と共に、感謝の気持ちを込めてお盆を迎えたいものです。それでは皆様。よいお盆をお迎えくださいませ。

住職 永島 匡宏 合掌

 

寺子屋「禅と道」午後の部②香道・茶道・坐禅

萬年山 長松院本殿

長松院さんで開催された「禅と道」の午後の部です。お昼ご飯も食べて元気いっぱいの子供たち。休み時間も元気に境内を走りまわります。暑いから水分補給を小まめにしながら、次は「香道」の時間です。

今回使った道具

香道の会場

「香道」の講師は拙僧の出番です。写真はありませんが、皆楽しくできました。

香道では二班にわかれて匂い袋を作る班と実際に香道を体験してもらう班に分かれてしました。

香道の講師といっても、つい最近初めて香道を体験したばかりの初心者ですので、今回はあくまでも香道というより、「香を愉しむ」をテーマにして、ほぼ我流でさせていただきました。作法はほとんど教えてないので、香道の基本的な情報だけ説明をして、後は「組香」の真似事で、におい当てゲームをして遊びました。みんな楽しんでくれていたら良いですけど・・・。

香道が終わったら次は「茶道」です。「茶道」の先生は彦根市の清涼寺方丈です。とても分かりやすい説明でみんな真剣に話を聞いていました。

半分以上が茶道を経験したことがあるそうです

真剣に話を聞きます。

作法の説明とお手本です。

一つ一つ丁寧に

今回茶道を通じて、礼儀を主に教え、井伊直弼の「一期一会」の説明をしてくれました。おもてなしの気持ちや感謝の気持ちのない形だけの作法は礼儀ではない、気持ちを込めて、初めて礼儀作法になります、とわかりやすく説明してくれました。

皆、経験者も、未経験者も緊張しながらも上手にできてました。濃茶が苦くて飲めない子もいたり、正座が苦手な子がいたりしましたが、子供たちはとっても楽しそうに茶道を体験していました。

さて、最後は「坐禅」です。ここまで長時間で子供たちも疲れてきました。ちゃんと座れるかな。少し心配です。

長松院方丈より説明があり、「終わりよければすべてよし」最後まで頑張りましょうと、励みのお話があり、子供たちもピシ、背筋が伸びます。みんな、頑張れ!

坐禅会場

長松院方丈より坐禅の説明です

しっかり座っています。

大人も一緒に

静かに15分程座りました。

終わるまで静かにできました

みんなとても上手に坐禅ができました。迎えの親御さんたちも沢山来られていて外から見て、びっくりされたのではないのでしょうか。子供たちにとって、非常に貴重な体験ができたと思いますし、何よりとても楽しそうなのが印象的でした。

最後に閉講式です。長松院方丈より皆にお話しをして終了です。

大人でも大変な一日の行事を子供たちは本当に楽しそうに、賑やかに過ごしてくれました。私自身、とても素敵な時間を子供たちと共有できたことは、とても嬉しく思います。

講師の皆様、準備から片付けまで本当に有難うございました。特に長松院様におかれましては、企画から、準備まで大変でしたが、無事イベントが終了しました。子供たちもそれによく答えて、有意義な時間を過ごしてくれたと思います。

本当に一期一会ですね。感謝です。関係の皆様ご苦労様でした。

尚、長松院公式ホームページでも詳細がのっていますのでご覧になって下さいね。

住職 永島 匡宏 合掌

 

寺子屋「禅と道」午前の部①華道と書道

曹洞宗 萬年山 長松院の山門

彦根市中央町にある「萬年山 長松院」にて寺子屋「禅と道」を開催いたしました。小学2年生から6年生を対象に、定員20名のところ、25名の子供たちが参加してくれました。

会場入り口

受付

時間になると子供たちが元気に来山して、あっという間に山内は活気に溢れ、賑やかになってまいりました。子供たちは暑くても関係ありません。元気いっぱいです。

すぐに開講式を行い、会場主の長松院方丈よりご挨拶。お世話になる講師の方々もご紹介したら、早速「華道」の時間です。

先生の話を真剣に聞く子供たち

華道セット

男の子達も様になってる

女の子たちはやっぱり落ち着いています

徐々に完成していきます

完成!

大人顔負けの出来です。

 

皆、それぞれ個性があって素晴らしい作品ができました。子供の発想力は本当に凄い!

続いては「書道」の時間です。

大きい紙。何に使うのかな?

書道の先生のお話

みんな上手に書けてます

カレンダー作りもします

上手に貼れました

皆上手です。

子供が一人代表で書きます。

凄く上手に書けました。先生も大絶賛!

皆で周りに字を書いて手形をペタペタ

凄く楽しそうです。

長松院方丈もペタ!

この世に一つとしてない素晴らしい作品です

書道もみんな元気にできました。次はお待ちかねの昼ご飯です。

バイキング形式で自分が食べれる量だけ取ります

昼ご飯は長松院の奥様が作った寺カレーです。基本お肉などはない精進料理風です。

長松院方丈より食事の説明です

どれにしようかな~。悩みながら選びます

食事の前に「五観の偈」を唱えます

五観の偈を唱えたら「いただきまーす」

暑さに負けずおかわりも沢山しました。

お坊さんたち(清涼寺方丈)も美味しそうです。

楽しい食事も終わって午後の部に入ります。午後は「香道」「茶道」「坐禅」です。続きは②でご紹介します。

住職 永島 匡宏 合掌

 

幼馴染のお茶と「喫茶去」

幼馴染の作ったお茶

滋賀県に青岸寺の住職として就任して5年近くになります。本山修行時代などをいれると、10年以上生まれ故郷の静岡県島田市を離れています。

地元の大井川や、日本最古の最長の橋「蓬莱橋」、少し遠方に日本一の山、富士山が望めます。しかし、一番記憶に鮮明に残るのは、牧之原台地に広大に広がる茶畑です。

静岡県では食事の後、大抵の家では緑茶がでます。私の地元、島田市には学校の水道からお茶が出ていたほど、お茶、特に緑茶が愛されています。

故郷の友人とも多忙の為、疎遠になって久しくなります。時々、静岡の地元のお茶が恋しくなります。インターネットで故郷のお茶を調べていると、私のよく知っている幼馴染が代表取締役でお茶の会社を経営していることがわかりました。風の噂で耳には聞いていましたが、まさか、代表取締役とは、驚きました。

早速SNSで連絡をとり、お茶を送ってもらいました。

保育園の幼馴染が造ったお茶が届き、直ぐにお茶をいれます。

ゆっくり一人でお茶と相対します。美しい緑と香、一口飲むと、口に広がる緑茶の味、しっかりと濃い味がでてるのに、渋すぎない。正に私の好きな静岡茶そのものでした。昔の思い出が走馬灯のように溢れでてきて、感慨深く、お茶を頂きました。

色んな感情が溢れでてきましたが、幼馴染が本当に頑張っているな、と感心の気持ちと、自身も頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

素晴らしい故郷のお茶との巡り合いとなりました。

故郷からのまさかの「喫茶去」をいただき感謝です。嬉しくて投稿させていただきました。

 

静岡茶(緑の色が綺麗)

ちなみに、幼馴染の会社は「GREEN TEA WORKSHOP」です。ホームページもあるので気になる方は確認下さい。静岡茶をお飲みなりたいのであれば、間違いはないかと思います。

住職 永島 匡宏 合掌

暑中見舞い申し上げます。

連日猛暑日が続いていますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。全国各地で熱中症の被害が多発しています。

拙僧は今年33歳になりましたが、昔から体力だけは自信がありました。しかし、今年の夏は初めて夏バテを経験しております。青岸寺は太尾山の麓ありますから、比較的に涼しいのですが、これだけ暑いと、どうしようもありません。多少の塩分、水分(ミネラル)を補給しながら、檀務に励んでいます。

この間、お檀家さんが「和尚さんの頭涼しそうでいいな」とおっしょいました。私は「実はとっても暑いんです」と答えました。お檀家さんは不思議な顔をされましたが、お坊さんの頭は夏は暑く、冬は寒いんです。頭に守るもの(髪)がないので日光が直接あたり、熱が頭にこもるらしく、しかも、頭が焼ける。ということで、日焼けクリームやタオル、帽子をして外にでております(笑)

画像だけでも涼しいものを

 

熱中症は防げる事故です。皆様も今年の夏は本当に暑いので、なるべく無理をなさらず、小まめに水分や休憩をしながら活動して下さりますようお願いいたします。特に、学校など、教育立場にある方や、会社や工場の上司の方など、十分配慮しながら指示をしていただけるよう、臨機応変の対応をして、悲劇を繰り返さないようお願いいたします。

子供たちは夏休みになります。家や近隣の大人がしっかりと目を配り、子供やお年寄りの方を守りましょう。

暑さに負けず、健康に今年の夏を乗り切りましょう。皆様もお身体をご自愛くださいますようお願い申し上げます。

住職 永島 匡宏 合掌

降り式井戸(蹲踞)

「希少な降り式井戸(蹲踞、蹲)」

青岸寺の庭園は非常に珍しい作庭のされ方をしていますが、その一つとして、庭園の脇ににある降り式の井戸があげられます。

もともと茶道のならわしで、客人が這いつくばるように身を低くして、手を清めたのが蹲の始まりです。実際この井戸で手を洗おうとすれば、身を屈め這いつくばらなければなりません。この形式の降り式井戸は全国的にもめずらしく、青岸寺をいれて数か所しか現存しておらず大変貴重です。庭園の景観の一部として造られたのか、直ぐ脇に茶室等があり利便性があったのかは、資料が乏しく不明ですが、庭園を観察する際の重要な要素になっています。

もう一つ重要な役割があり、普段庭園は枯山水庭園の様式をなしていますが、一定の雨量の雨が降ると苔の上に水が湧き出てくる池泉庭園の姿に変えます。これは井戸の水が一定量溜まると、庭園に水が流れる仕掛けが施されおり、一定以上の水位を超えないようになっています。また、溜まった水は西側から排出されます。これを作庭した香取氏の技法には驚かされるばかりです。興欣和尚の書、「築園記」では「功徳の玉の井」と評されています。

風鈴の音

廊下に風鈴

連日で暑い日が続きますが、皆様お身体は大丈夫でしょうか?私は今年の夏は初めて夏バテを感じています。

青岸寺は山の麓に位置しておりますので、境内は比較的涼しいのですが、ここまで猛暑ですと、屋内も暑くなります。

という事で、山内風鈴を飾りました。昔の人の知恵ですね。夏の風物詩ですが、最近はご近所から苦情がきたりして、この風習も少なくなってきたみたいですが、やっぱり、いいものです。

8月末までは風鈴を飾ります。気持ち程度ですが、風鈴の音を傾聴していただければよろしいかな、と思います(少し暑すぎですが・・・)

 

住職 永島 匡宏 合掌

坐禅のすすめ

曹洞宗の坐禅方法【面壁坐禅】

当寺の宗派は曹洞宗(禅宗)です。曹洞宗では坐禅は釈尊(釈迦牟尼仏)から伝えられ開祖道元禅師により日本に伝えられた、正伝の仏法(正しい教え)として、教義の根幹に据えて、日々実践をしています。

皆様は坐禅をされた事はありますか。マスメディアにも取り上げられ少しずつ認知度も高まりつつあります。今は亡き、アップル社の共同創業者のスティーブンジョブス氏も坐禅に傾倒し、世界的に注目されるきっかけとなりました。近年の科学的研究結果からも、「坐禅には一般の人々にとって、心理的、身体的なメリットが存在する」と定説になりつつあります。マインドフルネス(仏教が元になっている)などの流行もあり、坐禅の素晴らしさが世界的に認知され、日本でも流行りの傾向があります。(仏教では何千年も前から周知されていた事が、西洋から発信され理解されてきたのは、少し皮肉ではありますが…)

禅宗は難しい、敷居が高いなどといったイメージが一般的には、あるかも知れませんが、そんな事はありません。とにかく、まず気軽な気持ちで一度経験してみませんか。短い時間でも良し、本格的に坐って頂いても良し、用途にあわせて坐禅の指導をさせて頂きます。坐る目的はなんでもいいのです。瞑想に耽るだけでも良し、所作を美しくしたいでも良し。日々の喧騒を忘れて、ゆったりした時間空間の中に身を置くだけでもいいのです。坐禅は習慣になれば必ず、普段の生活を豊かにします。慣れるまでに少し時間がかかる方もいるかもしれませんが、是非、禅寺にて坐禅を体験して下さい。

 

『こんな方におすすめ』

ストレスを感じる事が多い方・集中力がない方・忙しい方・健康的に生きたい方・姿勢、呼吸を良くしたい方・寝つきが悪い方・坐禅に興味がある方・悩みが多い方・マインドフルネスに興味がある方など等

 

坐禅が体験できる日

 

『通常坐禅』

拝観・坐禅体験(事前予約・初心者向け)           300円(拝観料のみ)

坐禅会(ホームページ、掲示板にて広報)           300円(拝観料のみ)

写経坐禅(3名~事前予約)               2000円(拝観料、納経料)

精進料理・写経・坐禅・拝観(事前予約)                 5000円

 

※、坐禅会以外は、座禅作法の指導と10分程度の坐禅を実践いたします。本格的に座りたい方は坐禅会にお越しください。

※足の悪い方は椅子坐禅も可能です。

※通常坐禅は拝観の方も来られますので、庭園を鑑賞しながら

  坐禅はできませんのでご了承下さい。

※当日受付は可能ですが、住職が不在時もあるのでご了承ください。

※7月、8月は新旧お盆廻りがある為、基本坐禅体験はお休みさせていただきます。

モンベルクラブ会員の皆様

モンベルフレンドショップ対象寺院

モンベルクラブの会員の方はメンバーズカードを提示していただければ、特典で、拝観料、喫茶代などの割引をしています。米原市の観光名所の一つとして米原の素晴らしいところを知っていただけたら嬉しく思います。米原市には伊吹山などの素晴らしい大自然や、彦根、長浜にも負けない歴史の深みがあるところが沢山あります。

モンベルクラブ会員の方は是非、メンバーズカードを利用して、モンベルクラブ提携の場所に散策していただければ、新しい発見があるかもしれません。

尚、青岸寺では拝観以外にも、坐禅体験や、写経体験、各種ご祈祷などがご利用できます。この機会に禅寺にて「禅の世界」を体感していただければと思慮しています。