紅葉情報①

霜月も半ばを迎え、肌寒い日が続いております。

すっかり秋も深まり、有難いことにここ連日、沢山の紅葉のお問い合わせを頂いております。

現在の庭園内の紅葉状況は、葉先がほんのり色づき始め、まさに今からといったところ。刻々と変化する様子を随時掲載させて頂きますので、秋のお出かけのご参考にして頂ければ幸いです。

ツワブキの花

昨年、一昨年と鹿の被害で咲くことのなかったツワブキの花。

しかし、今年に入り獣害対策に設置した柵の効果か、少しではありますが、久しぶりにその愛らしい姿を見ることができ、ほっと一安心。

徐々に本来の姿に戻っていってくれることを願うばかりです。

野点のご案内

10月10~13日にかけて開催される米原曳山まつりにあわせ、青岸寺にて野点を実施させていただきます。

台風19号の影響で悪天候が懸念される中ですので、今回は書院を茶室にしてお茶を振舞わせていただきます。

是非、お祭りとあわせて足を運んでいただけると幸いです。

庭園・書院の修復作業にて

平成25年度から30年にかけて、庭園、書院(六湛庵)の修復工事という大事業が行われています。

その作業の一環として、現在発掘調査が実施されている最中、

園内の苔や木々で埋まってしまっていた飛び石などが顕になり、本来の路地が復元されました。

山内の者も、こんなところに路地石が敷き詰められているとは露知らず、調査が進むたび驚きの連続です。

今後も修復に向け、更なる作業が展開されていきます。5年後、美しく生まれ変わる青岸寺庭園の姿が待ち遠しいです。

写経を体験してみませんか。 ~ご案内~

来る10月20日(月) 午後1時~4時、

庭園のあちらこちらで秋の花々が咲き誇る頃、写経体験で心静かな一時を過ごしませんか。

この企画は義援活動の一環として行われる為、写経体験をされる方に限り、庭園拝観料は申し受けません。(但し写経用紙3枚一組1000円は必要となります。奉納枚数は1枚でも結構です。)

祈りや願いを込めた写経は、曹洞宗両大本山の一つ・大本山総持寺に奉納する運びとなっています。

その他、甚大な被害をもたらした東日本大震災被災地への義援金としても活用されます。

ふるってご参加頂ければ幸いです。

秋の精進料理

夏も過ぎ去り、秋空の美しい時節となってまいりました。

季節の移り変わりとともに、精進料理も秋の装いに。

南瓜、里芋、舞茸などなど・・・秋の味覚をふんだんに取り入れました。

初秋を感じながら召し上がって頂けると幸いです。


またこの場をお借りしてお知らせをさせて頂きます。

ご愛顧頂いてます精進料理ですが、

来月10月10日(金)をもって、今年度は一旦お休みを取らさせて頂きます。

私事で申し訳ありませんが、産休に入らせて頂く都合上、

また明年度より再開させて頂く予定です。

尚、拝観は通常通り行わせて頂きます。

ご迷惑おかけしますが、また明年度よりご愛顧の程宜しくお願い致します。

青岸寺

池泉庭園が現れました

先日発生した台風11号の影響で、数ヶ月ぶりに池泉庭園が姿を現しました。

甚大な被害も予測された大きな台風でしたが、大した被害もなく無事に通り過ぎてくれ、ほっと一安心。

最後には、こんな美しい庭園をお目見えさせてくれました。

しかし地域によっては、この台風で尊い命を失われた犠牲も出ています・・・。

心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、改めて自然の驚異を痛感いたします。

夏の花々

  

季節は8月。

蝉が競い合うように鳴き、夏真っ盛りといった日が続いています。

今年はこの暑さのせいか、例年より早く百日紅が花開き、今見ごろを迎えています。

また庭園では桔梗の花も咲き、涼しげに庭を彩ってくれています。

レイカディア大学の学生さん方に庭園の手入れをして頂きました。

去る6月17日(火)、㈲景樹園様の指導の下、レイカディア大学の学生の皆様が青岸寺庭園内にて剪定など実地作業を行われました。

お天気にも恵まれ、半日かけしっかりと手入れをして下さった御陰で、園内はスッキリと美しく整い清々しいです。

皆様の笑い声が響き、交流の場、そして学習の場として活用して頂けること、大変嬉しく思います。皆様どうも有難うございました。

さつきの花が満開です。

さつきの花々がすっかり満開となりました。

色とりどりの花が、あちらこちらで咲き競い、庭に美しく色を添えてくれています。