令和

「有難う平成、よろしく令和」

30年続いた平成が終わり、新たな令和の時代へと移行いたしました。

言葉が変わっただけですが、影響力のある強い言葉は世の中を変えるほどの言霊となり、人々の生活の在り方や、価値観を変化していきます。

グローバルに世界が急速に進む中、価値観の多様性がある中で、より日本人であることのアイデンティティーが必要不可欠になります。昭和、平成と他国の良いところを見習い発展してきた日本人ですが、新たなステージに立つ時が来ているものと思います。

日本の古き伝統や精神文化をもう一度見直し、日本人を支えてきた民族性を今一度鑑みる時がきております。

平成後期は様々な大手企業が、積極的に仏教や神教、伝統文化や日本古来の精神論を熱心に勉強し、有望な社員に研修を組んで、実践させているのは、その必要性がでてきたからでしょう。

平成よりもこの令和が素晴らしい平和な時代がくるようご祈念申し上げます。

住職 永島 匡宏 合掌

カテゴリー: 住職日記 パーマリンク

コメントは停止中です。