新元号について

「令和」

4月になりました。1日は新元号が公表され、「令和(れいわ)」となります。5月にはいよいよ令和元年となるわけですが、個人的には好きな元号になります。いろいろなご意見があるようですが、日本の古文書「万葉集」より選定されたのは非常に好感がもてます(万葉集が非常に漢詩の影響をうけているなど、様々な声があるが・・・)。

様々な憶測や推測を呼ぶ元号になりますが、これから暫くは令和の時代を生きていくわけですから、良い意味にとらえていけたら良いですよね。

早速、新元号のネーミングにちなんだ、様々な話題が世間を賑わっています。様々なイベントも企画があがっており、しばらくは新元号で話が尽きなさそうです。

たかが言葉。されど言葉。言葉には非常に強い力があります。言霊ともいいますが、人の想いや思惑がある言葉は、時として時代をも動かします。その代表が新元号になります。

この令和の時代が、素晴らしい時代になるよう、皆の良い想いを新元号に託し、本当の意味で平和な時代になる事を心よりご祈念するばかりです。

住職 永島 匡宏 合掌

カテゴリー: お知らせ, 住職日記 パーマリンク

コメントは停止中です。