指月会主催の句会を青岸寺にて

本日は指月会主催で句会を青岸寺本堂(客間)にて8名参加で開催されました。皆さんとても楽しんでいただいたようで、非常に有難い事です。国指定名勝庭園の文化財を保有しておりますので、文化的にも、非常に価値のある、催しだと思います。

さて、今日せっかく青岸寺にて俳句を詠んでいただきましたので、ご無理を言い、公開を了承して下さいましたので、ご紹介させていただきます。

雪女 消えて庭石 ごつごつと

もも子

観世音 このくれなゐの 猫柳

喜久子

はだれ雪 踏み踏み行けば 牛頭神社

和子

禅寺の 雪吊雪を 待つばかり

志津子

靴底で ぎんなんつぶす われは母

真子

白き息 もらし仏に ぬかづきぬ

顔(かんばせ)に 風の止まれ 冬桜

まさ野

夜は夜の 雪の近江の 紅梅 

多美子

皆さん素敵な俳句ですね。短い言葉で様々な情景を表す言葉の美。日本の素晴らしい文化ですし、日本語でしか表現できない世界に誇れる世界観だと思います。本日は指月会の皆様。有難うございました。

住職 永島 匡宏 合掌

カテゴリー: 住職日記 パーマリンク

コメントは停止中です。