米原曳山祭り・子供歌舞伎

当寺青岸寺がある米原区には古くからある伝統の祭りがあります。「曳山祭り」というお祭りです。

米原曳山祭りのパンフレット

米原地区で江戸時代から愛されている曳山祭りは、元々長浜の曳山狂言に習い、始まったと言われています。江戸時代中期から後期にかけて、米原地区の発展と共に引き継がれている伝統の祭りです。子供の数が年々減少している米原区ですが、伝統の技は引き継がれていますし、米原区の若衆中心に活気ある祭りになっています。

特に表紙にもなっている、子供歌舞伎は、地域の子供が中心となり、一生懸命練習しております。今年の演目は「義士外伝 土屋主税」で赤穂藩士の物語となります。

朝から、夜遅くまで響き渡る、祭りの音は、米原区に隆盛の賑わいを響かせ、非常に粋がいいです。

タイムスケジュールと開催マップ

米原駅からすぐの場所で行われますので、気軽にお越しください。

曳山祭り詳細

交通手段

台風25号が少し、心配ではあります。無事、祭りが行われる事を青岸寺よりお祈り申し上げます。

住職 永島 匡宏 合掌

カテゴリー: 住職日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。