百日紅(さるすべり)

青岸寺本堂と百日紅

慌ただしいお盆のシーズンも終えてゆっくり境内を見ていると、百日紅が美しく咲いています。なんでも樹齢200年以上の樹になるらしく、立派な百日紅です。

山門から覗いた風景

青岸寺は少し山の麓にある事もあり、樹木など花の開花は少し遅れて咲きます。日本人は桜も好きですが、百日紅もなかなか好きで、よく見るとそこら中にあります。

美しい花や景色を見ると、暑い夏も一瞬忘れさせてくれます。

余談ですが、猿もすべる、つるつるした幹をしている百日紅ですが、青岸寺にお猿さんが度々降りてきますが、普通に百日紅を登っていました(笑)さるすべらず・・・です。

百日紅の花

夏がよく似合う百日紅、まだ少し咲いていると思いますので、是非鑑賞下くださいね。

写真も綺麗にとれますよ。

住職 永島 匡宏 合掌

 

カテゴリー: 住職日記, 季節の花々 パーマリンク

コメントは停止中です。