寺子屋「禅と道」午後の部②香道・茶道・坐禅

萬年山 長松院本殿

長松院さんで開催された「禅と道」の午後の部です。お昼ご飯も食べて元気いっぱいの子供たち。休み時間も元気に境内を走りまわります。暑いから水分補給を小まめにしながら、次は「香道」の時間です。

今回使った道具

香道の会場

「香道」の講師は拙僧の出番です。写真はありませんが、皆楽しくできました。

香道では二班にわかれて匂い袋を作る班と実際に香道を体験してもらう班に分かれてしました。

香道の講師といっても、つい最近初めて香道を体験したばかりの初心者ですので、今回はあくまでも香道というより、「香を愉しむ」をテーマにして、ほぼ我流でさせていただきました。作法はほとんど教えてないので、香道の基本的な情報だけ説明をして、後は「組香」の真似事で、におい当てゲームをして遊びました。みんな楽しんでくれていたら良いですけど・・・。

香道が終わったら次は「茶道」です。「茶道」の先生は彦根市の清涼寺方丈です。とても分かりやすい説明でみんな真剣に話を聞いていました。

半分以上が茶道を経験したことがあるそうです

真剣に話を聞きます。

作法の説明とお手本です。

一つ一つ丁寧に

今回茶道を通じて、礼儀を主に教え、井伊直弼の「一期一会」の説明をしてくれました。おもてなしの気持ちや感謝の気持ちのない形だけの作法は礼儀ではない、気持ちを込めて、初めて礼儀作法になります、とわかりやすく説明してくれました。

皆、経験者も、未経験者も緊張しながらも上手にできてました。濃茶が苦くて飲めない子もいたり、正座が苦手な子がいたりしましたが、子供たちはとっても楽しそうに茶道を体験していました。

さて、最後は「坐禅」です。ここまで長時間で子供たちも疲れてきました。ちゃんと座れるかな。少し心配です。

長松院方丈より説明があり、「終わりよければすべてよし」最後まで頑張りましょうと、励みのお話があり、子供たちもピシ、背筋が伸びます。みんな、頑張れ!

坐禅会場

長松院方丈より坐禅の説明です

しっかり座っています。

大人も一緒に

静かに15分程座りました。

終わるまで静かにできました

みんなとても上手に坐禅ができました。迎えの親御さんたちも沢山来られていて外から見て、びっくりされたのではないのでしょうか。子供たちにとって、非常に貴重な体験ができたと思いますし、何よりとても楽しそうなのが印象的でした。

最後に閉講式です。長松院方丈より皆にお話しをして終了です。

大人でも大変な一日の行事を子供たちは本当に楽しそうに、賑やかに過ごしてくれました。私自身、とても素敵な時間を子供たちと共有できたことは、とても嬉しく思います。

講師の皆様、準備から片付けまで本当に有難うございました。特に長松院様におかれましては、企画から、準備まで大変でしたが、無事イベントが終了しました。子供たちもそれによく答えて、有意義な時間を過ごしてくれたと思います。

本当に一期一会ですね。感謝です。関係の皆様ご苦労様でした。

尚、長松院公式ホームページでも詳細がのっていますのでご覧になって下さいね。

住職 永島 匡宏 合掌

 

カテゴリー: 住職日記 パーマリンク

コメントは停止中です。