井伊家ゆかりのふく福めぐり

ひこにゃんが可愛い御朱印長

現在、全国で御朱印が一部で流行しています。青岸寺でも近年どんどん増加している印象があります。老若男女とはずお寺に興味をもっていただくことは大変有り難いことです。

青岸寺は彦根藩主井伊直澄公のご加護をうけて繁栄した由縁がございます。そこで、彦根観光協会様と連携して「井伊家ゆかりの社寺部会」として活動しております。現在16の宗教、宗派問わず、協力しています。

その一環として、「井伊家ゆかりのふく福めぐり」の御朱印集めの寺院として青岸寺も参加させていただいています。また、5月1日~5月20日までは「井伊家ゆかりの神様・ほとけ様十六巡り」などのイベントがありました。他にも様々なイベントを開催しています。

なお、巡っていただける社寺は、大師寺・千代神社・済福寺・宗安寺・北野神社・埋木舎・滋賀縣護国神社・長寿院・龍潭寺・多賀大社・慈眼寺・青岸寺・圓常寺・西明寺・金剛輪寺・百済寺の十六社寺です。

御朱印はもともとは、寺院に写経を納めた証拠に、住職より印を授かったのが由来です。ですので、写経はともかく、寺院だったらご本尊様に、神社ならその氏神様にしっかりご挨拶するのが礼儀になるかと思います。

御朱印をせっかくいただきに来られるならば、折角のご縁です。社寺の歴史や文化などにもふれられたら、各所の管理者も嬉しく思うはずです。

後は社寺によってルールがあります。「他のお寺さんでは・・・」とか、「神社さんでは・・・」など違いがあるかもしれませんが、それぞれ必ずルールを守って参詣できたら良いですね。

裏面になります。

カテゴリー: お知らせ, 住職日記 パーマリンク

コメントは停止中です。