1. HOME
  2. ブログ
  3. 曹洞宗のいただきます「五観の偈」

曹洞宗のいただきます「五観の偈」

曹洞宗には必ず食事の前に唱える偈文があります。それが「五観の偈」という偈文です。

曹洞宗では宗旨である「坐禅」だけではなく、日々の行もすべからく、修行であり、とても大切なものだと位置づけています。特に、食事を作る事、食事をいただく事は、とても重要な修行とされ、曹洞宗の僧侶にとって大切な行となっています。

五観の偈は、唐時代の南山律宗の僧、道宣が著した「四分律行事鈔」を栄時代に黄庭堅が僧俗の為に約したもの。道元禅師の著書における引用によって日本でも広く知られるようになりました。その道徳的普遍性により禅宗にとどまらず、幅広い分野において引用されているものになります。

青岸寺精進料理


「五観の偈」

一、功の多少を計り彼の来処(らいしょ)を量(はか)る。

二、己が徳行の全欠を(と)忖(はか)って供に応ず。

三、心を防ぎ過(とが)を離るることは貪等(とんとう)を宗(しゅう)とす。

四、正に良薬を事とするは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為なり。

五、成道(じょうどう)の為の故に今この食(じき)を受く。

これが五観の偈の文になります。難しい言葉が多いですが、なんとなく意味は分かるかと思います。

※三、心を・・・の一文は曹洞宗で読まれているが、私自身まだ理解が不十分なので、曹洞宗での一般的な説明のみにします。道元禅師の独特な言い回しがある為、現在勉強中です。

〔一つには功の多少を・・・〕

今これから口に入れようとしているお米や食材が、ここに至るまでの過程を深く考えます。毎日の料理は突然目の前に出てきたわけではありません。食材を揃えて、料理を作ってくれる方がいて、食材を仕入れて、提供している方がいます。そしてご飯や野菜などを育ててくれる人がいます。多くの人の手間や苦労があって、今食事をいただくことができているのです。自然の恵みがなければ作物も育ちません。すべての命が繋がって初めてご飯を口に入れることに感謝しましょう。

〔二つには己が徳行の・・・〕

それだけの手間や命を頂くに値する生き方をしているか考えます。日常の生活で悪戯に食事をするのではなく、その食事をいただき、世の為人の為に役立つ生き方をしているか考え、至らぬ自分を戒め、反省していただきます。

〔三つには心の防ぎ・・・〕

人間は生まれながら仏性(良い心)があると仏教では言われています。しかし、反対に様々な煩悩を持ち合わせているのも人間です。その煩悩(悪い心)に流されるままだと、やがて仏性は濁り、貪瞋痴(むさぼり、いかり、ねたみ)の三業に心が焼かれてしまいます。三業は大いなるカルマとなり、人の心を貧困にします。その三業を断ち、自らの仏性に目をやり、謙虚な心で食事をいただきましょう。

〔四つには正に良薬を・・・〕

何の為に食事をいただくのか。ただ空腹を満たす為にあるのではなく、自らの生きる糧とし、心や身体が弱まらないように、いただきます。現在食育と言われていますが、なぜ食事をいただくのか、ここに多くの命をいただきながら生かさせていただいている、自己の命を見つめ、命を無駄にせず、良き薬として食事を頂く事が大切です。

〔五つには成道の為の・・・〕

ただ生きるだけの食事ではなく、全文4節をふまえて食事をいただくことこそが仏道において仏様の心であり、食事のいただき方になります。仏教に限らず、身も心も健やかに育むには食事はとても大切なものです。毎日食事は必ずいただきます。いただき方がとても大事になります。どんなに忙しくても、どんなに粗末な食事でも、この五観の偈を唱え、一度食の有難さを考察する事はとても大事ではないでしょうか。


食事は毎日の生業であり、生物で産まれたものは必ずこの因果によって生かされ、また命を失っていきます。人間には思考があり感情があります。人間に生まれた私たちは特に、この食事を頂くことを余計に思慮して頂く事が大切ではないでしょうか。

話は少し変わりますが・・・

日本人は昭和以降「いただきます。」の言葉に様々な意味を集約している気がいたします。このいただきますは、とても素晴らしい日本人が生み出した一つの傑作だと思います。

昨今、極一部の学校では「いただきます」を言わせない学校があるそうです。話では、学校の給食費を払っているのにいただきますはおかしいとクレームがあったり、思想の強要だという方がいらっしゃるようです。

信じがたい事態が現在の教育現場で起きているのも現実です。五観の偈を唱えろとはいいませんが(笑)いただきますは日本人の一つになっているアイデンティティーだと私は思っています。このいただきますを五観の偈の意味合いをもって考えると素晴らしい言葉です。是非、教育機関や親御さんたちは、いただきますやごちそうさまをもう少し大切にして日本の文化として継承していくことを願っています。余談でした。

住職 慧嶽 匡宏 合掌

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事