禅語紹介③

地蔵ラテアート

今回紹介する禅語は「喫茶去」

千差万別の価値観を持った方が参拝に訪れる寺院において、中には心無い事をおっしゃる方もいらっしゃいます。どれだけ想いを込めて管理していても、「京都に比べて・・・」「たいして広くない・・・」「こんなもんか・・・」と言われると、僧侶も人の子ですから落ち込んだり、参拝者への対応が億劫になったりするときもあります。

それとは反対に「素敵な庭園ですね」とか「よく管理されていますね」など言っていただくと励みになり、一層参拝者への対応も親身になっていきます。

人間ですから、感情があり、一喜一憂して日々生きるのが普通のことです。しかし、今回の禅語は、違う視点を教えてくれる言葉になります。

今回は、青岸寺cafeの名前にもなっている「喫茶去」という禅語をご紹介いたします。

喫茶去を簡単に直訳すると、「お茶でも飲んできなさい」とうい意味になります。

茶席などの軸によく用いられており、一般的にも認知されている禅語です。

この禅語は中国唐時代(618年~910年)の禅僧・趙州禅師(778年~897年)の語録「喫茶去」の話からきている言葉です。趙州禅師は禅宗の僧侶であれば知らない人はいないほど有名な方です。趙州禅師は「口唇皮上(くしんびじょう)に光を放つ」と評されるほどに豊かでとんちのきいている言葉を用いて禅を説いた方です。それにしても、120歳生きていたとは・・・禅僧は長生きといいますが、それにしても凄いですね。

さて、「喫茶去」は解釈が少し難しい言葉です。シンプルにして奥が深い、そんな言葉になります。

それでは「喫茶去」の語録をご紹介いたします。


趙州禅師語録「喫茶去」

ある時、趙州禅師が来山した修行僧の一人に問いた。

「あなたは今までこの場所に来たことはあるかね?」

修行僧は「いえ、ありません」と答えた。

すると趙州禅師が「喫茶去」とお茶を勧めた。

 

またもう一人の修行僧に同じことを尋ねた。

修行僧は「はい。来たことがあります。」と答えた。

趙州禅師は「喫茶去」と同じようにお茶を勧めた。

 

その後、寺の院主(寺の責任者)は不思議がって趙州禅師に尋ねた。

「一度来た事がある修行僧にお茶を勧めるのはわかりますが、来た事がある修行僧にもお茶を勧めたのはなぜですか?」

趙州禅師は突然「院主さん!」と呼びかけえた。

院主はビックリして「はい!!」と答えると

趙州禅師は「喫茶去」と言い、お茶を勧めた。


以上が語録「喫茶去」の内容です。(省略しております。)

この語録で何を伝えたかったのか。趙州禅師はなぜ登場人物全てに「喫茶去」とお茶を勧めたのか。

ここに禅宗の思想や哲学が垣間見えるような気がいたします。

趙州禅師はどんな境遇の人にも変わらぬ対応をし、まるで竹を割ったかのような禅僧の境地が垣間見えます。

老若男女、貧富、賢愚、職業がなんであれ、とりあえずお茶を勧め、迎える側は粗末なものしかなくても、今あるものを真心こめて差し出す。この境地こそ茶道ではとても大切な心構えとして、広く受けいられているようです。

誰がどんな理由があってもご縁があり出会った方に自分ができるおもてなしをする心。これが喫茶去の境地であり、お茶を飲んだ後は、どうぞご自由にという気概が感じられます。

青岸寺でも多種多様な方が参拝に来山されます。ご本尊さんに参拝に来られる方。庭園を鑑賞しに来られる方。写真を撮られる方、喫茶に来られる方。いろいろな方が目的をもって来られます。

青岸寺は趙州禅師のこの禅僧の境地を尊び、どんな方が来られても「喫茶去(お茶をどうぞ)」の心持ちでお迎えをしようという思いを込めて、寺cafeに「喫茶去」という名前がつけられています。

言葉や環境によって変化するのではなく、どんな時でも今ある自分のできる心がけの気持ちで接すること。その上で後は、そのお茶(心)を受けた人が対処すればいい。そんなことをこの禅語は教えてくれている気がいたします。

住職 永島 匡宏 合掌

日替わりケーキセット「喫茶去セット」

「kisaa-ko 喫茶去」より新メニューのお知らせ

抹茶ガトーショコラ

抹茶チーズケーキ

青岸寺茶寮「気まぐれ寺カフェ・kisaa-ko 喫茶去」よりお知らせです。

日替わりケーキセットの「喫茶去セット」が現在絶賛提供中です。

ケーキは日替わりで変更して、ガトーショコラ、チーズケーキ、タルトなどの種類から、きまぐれで提供いたします。

ドリンクも、抹茶・珈琲・柚子ジュース・季節のジュースから選んでいただき、値段は600円と非常にお得な喫茶メニューになります。

一日に10名までの限定商品なので、希望の方は午前中にお越しくださいね。

坐禅会について

先週の土曜日に開催した坐禅会は2名の方が参加して下さいました。参加者がおらず、私一人で坐ることもしばしばありますので、私にとっては大切な参禅者です。

私自身はまだまだ修行の身です。曹洞宗の禅をまだ理解しきれておりません。生涯かけて、坐禅を実践して深めていく。そのスタート地点をうろうろしている小僧に違いありません。本来は、参拝の方に指導するほどの立場ではありませんが、自分が本山で学んだ、体感した事を伝える事。そして、自分なりに発信をしていくことが大切だと思っています。

坐禅会に参加して頂いた方には共に坐禅をして、共に成長をしていけたらと思っています。

そんな住職が主催の坐禅会ですので、どうぞ気軽に参加ください。坐禅に興味がある方。瞑想に興味ある方。どんな方でも歓迎いたします。

また、坐禅に興味のある団体や企業がありましたら、気軽にご連絡下さい。日程調整して特別坐禅会を開催いたします。または出張坐禅もしておりますので、ご連絡下さい。

住職 永島 匡宏 合掌

5月坐禅会のお知らせ

5月坐禅会のお知らせ

坐禅会説明

令和元年最初の坐禅会の開催です。新しい元号になっても青岸寺では変わらず坐禅をいたします。

参加される方は動きやすい恰好で参加して下さい。

日時:5月11日(土)午後4時受付

場所:青岸寺本堂にて

料金:受付30分前に来られた方は無料。その前は拝観料をいただくことになります。

「日程」

16時受付→坐禅説明→30分坐禅(日によって変更あり)→経行(歩く坐禅)→15分程坐禅(お経)→終わって茶話会(お茶で一服、気軽に雑談)→各自解散

令和

「有難う平成、よろしく令和」

30年続いた平成が終わり、新たな令和の時代へと移行いたしました。

言葉が変わっただけですが、影響力のある強い言葉は世の中を変えるほどの言霊となり、人々の生活の在り方や、価値観を変化していきます。

グローバルに世界が急速に進む中、価値観の多様性がある中で、より日本人であることのアイデンティティーが必要不可欠になります。昭和、平成と他国の良いところを見習い発展してきた日本人ですが、新たなステージに立つ時が来ているものと思います。

日本の古き伝統や精神文化をもう一度見直し、日本人を支えてきた民族性を今一度鑑みる時がきております。

平成後期は様々な大手企業が、積極的に仏教や神教、伝統文化や日本古来の精神論を熱心に勉強し、有望な社員に研修を組んで、実践させているのは、その必要性がでてきたからでしょう。

平成よりもこの令和が素晴らしい平和な時代がくるようご祈念申し上げます。

住職 永島 匡宏 合掌

青岸寺鎌倉研修

青岸寺の観光事業研修として、今回は鎌倉に日帰りで行ってまいりました(家族旅行も兼ねて)。鎌倉は京都に並ぶ寺院観光で有名な場所です。京都とは違う趣があり、非常に勉強になりました。今回は長谷寺、明月院、円覚寺(如意庵)、浄妙寺さんに参拝させていただきました。

「長谷寺」

長谷寺山門

良縁地蔵

鐘付き堂

長谷寺境内の店(精進カレー)

「明月院」

妙月院(有名な円窓)

絵になる階段橋

明月院山門兼受付

いたる処に花が生けてある

苔の廻りに柵をしている

生け花を持つ地蔵尊

明月院境内風景

「円覚寺・如意庵茶寮安寧」

円覚寺内如意庵

如意庵茶寮安寧

安寧のアイスコーヒー

如意庵玄関

安寧室内

「浄妙寺」

浄妙寺

浄妙寺内茶寮

浄妙寺庭園

浄妙寺茶寮室内

往路10時間の長旅でしたが、非常に有意義な研修(旅行)になりました。子供たちが元気でゆっくり観賞はできませんでしたが(笑)

さすが観光先進の鎌倉だけあって非常に洗練されていました。

資源の少ない青岸寺ですが、まだ発展途中です。無いものねだりしても致し方ありませんので、ある資源を有効活用していくことが重要であると感じました。

今回は4ヶ所の寺院を参拝させていただき、一番気づいたことは花が非常に印象に残りました。いたる処に季節の花が植えられており、年間通じてよく管理されているようでした。

他にも勉強になった事が沢山ありましたので、少しづつ青岸寺も、参拝や観光の方にお寺に来て良かったと思っていただけるように精進しつつ、お釈迦様の法(教え)を多くの方に布教できる、米原の寺院として発信できるよう頑張りたいと思います。

住職 永島 匡宏 合掌

カウンター完成

Kisaa-ko 喫茶去にカウンターが

青岸寺きまぐれ寺cafe「kisaa-ko 喫茶去」に寺と和の空間を利用してモダンなカウンターが完成しました。お茶の世界にも通じている湖北設計事務所の一級建築士「世一辰男」さんに設計していただき、素敵な和カウンターが完成しました。

このカウンターで喫茶を提供いたします。参拝の方とお話をしたり、時にはイベントなどを開催して、来られた方が心から落ち着ける場所になれば幸いです。

サイフォン珈琲

是非、お一人で、ご家族で、友達を誘ってお寺でお茶を飲みに来てください。

全国佐々木京極家の会

本日は米原の徳源院様が引率の元、全国佐々木京極家の会の皆様が参拝にお越し下さいました。

全国佐々木京極家の会は京極家の末裔や、家臣の子孫の方が会員の会で、京極家の所縁の場所を巡っているようです。

青岸寺は前身のお寺である米泉寺が佐々木京極道誉氏が開基の為、京極家とはご縁があります。

青岸寺住職の私から挨拶と寺院説明をさせていただき、喫茶をしていただきました。

悠久の時を超えて、ご子孫達が巡りあい親睦を深めており、ロマン溢れる会です。他にも有名武将の末裔の会があるらしく、とても興味深い参拝となりました。

本日は大変有難うございました。

最後に記念撮影。

住職 永島 匡宏 合掌

応量器

青岸寺開基・要津守三和尚の応量器(江戸時代)

応量器を皆さんご存知でしょうか。応量器とは、曹洞宗の僧侶が食事をする際に、使用する器です。何種類かの器が大小と様々あり、一番大きい器(頭鉢)に重なるようになっています。シンプルにして、尚且つ収納に優れています。

一説によると、ロシアのマトリョーシカも応量器を参考にしたといわれています。

日常の生活に無駄がない禅宗の修行において、究めて合理的な器だといえます。

「応量器」とは曹洞宗独自の言い方で、それぞれの宗派で名称も変化いたします。

応量器の中でも一番大きい器を「頭鉢(づはつ)」といい、宗門では、お釈迦様の頭だと思い、大切に扱うようにと指導されます。応量器の中でも特に扱いを慎重にするもので、器に直接口をつけてはいけない、粥や飯以外はいれてはいけないなどの決まり事が多いのも特徴です。そして頭鉢を頂くときは、匙を使いいただきますので、器がすくいやすいようになっているのも特徴です。

他の器もそれぞれ役割が決まっています。

曹洞宗では本山に修行に行くことを「安居(あんご)」といいますが、安居して最初に徹底的に指導されるのが、応量器の扱いと食事作法になります。

すべての作法に理にかなった意味があり、一つ間違えるだけでも古参和尚(先輩)から注意を受けます。その為初期の食事には3時間かかることもありました。

基本的なルール

一、必ず両手にて応量器を扱う。

二、食事中は話は勿論、音を極力立ててはいけない。

三、坐禅の形で袈裟をかけていただく。

四、手順として約100近い決まりがある。一つとして間違えてはいけない。

五、背筋を伸ばし、肘を水平に保ち、最小限の動きをする。

等、一般の方が聞いたら息がつまる食事になると思います。フランス料理などルールが多いですが、それに比べても非常に決まり事が多いのが特徴です。

大小様々な器がある。

お釈迦様の時代からある応量器(もちろん呼称は違いがあります。)道元禅師が中国から帰国され、そのまま宗門に取り入れ、とりわけ食事作法を重視いたしました。

頭鉢(ずはつ)を両手の三指でかかげて持つ

食事は生きるものが必ずしなければなりません。食事をいただくということは、誰かの労力と何かしらの命をいただいている事になります。

道元禅師は当たり前の事を当たり前とせず、応量器を用い、徹底して作法を大切にする事で、食をいただく事を、命の根幹として仏道の一つとしたのです。

応量器と禅庭

現代、食育などの言葉がもてはやされています。「いただきます」を言わせない学校もあるそうです。

日本人の心とはなにか。食事で人を育てるとはなにか。

便利な時代だからこそ、食事のあり方が大切になっていきます。

住職 永島 匡宏 合掌

庭園に咲く春の花々

冬を越えると、少しづつ春の花々が色鮮やかに花を咲かせてまいります。

春の代表的な花は桜ですが、他にも素敵な花々が沢山あります。

青岸寺の庭園も花を添え、見る人に春の訪れを教えてくれます。

ミツバツツジ

椿

青岸寺庭園は石組みが素晴らしく、土台が非常に優れています。その為、どの季節に観賞しても良い庭園様式ではありますが、季節の花々は一層、庭園の色彩を華やかにし、見る人の心を豊かにいたします。

住職 永島 匡宏 合掌